税理士に依頼する利点

会社設立代行業務で豊富な経験を持つ税理士への依頼は、単純に手続きに際しての負担軽減だけでなく、その後の自社の経営に際しても、数多くのメリットが期待できます。まずは企業経営とは切り離せぬ税に関するスペシャリストである税理士と、起業段階から知り合えるメリットを見過ごしてはなりません。

税理士起業計画段階からコミュニケーションを重ねれば、おのずと相互信頼関係の構築に繋がるだけでなく、みなさんの会社をより早い段階から正確に理解する税理士との二人三脚がかないます。会社設立をワンポイント・リリーフ的な「点」で捉えるのではなく、これを機会に中長期的にサポートをお願いできる、専門家との出会い、すなわち「線」として捉える姿勢も大切です

また税理士は弁護士や司法書士など、他の専門資格を有する方々との、独自のネットワークを有しています。今後経営上こうした方々のサポートが必要となった際に紹介をお願いできる環境は大切です。また多くの税理士は公認会計士資格を併せ持っています。自社の税金関連のアドバイスだけでなく、会計監査も同じ人物に依頼できれば、費用面軽減のメリットに繋がります。会社設立段階での税理士とのコンタクトは、自社が動き出した後にも、さまざまな場面で心強い展開が期待できます。