複雑な手続きの負担

起業に際し、当事者として限られた時間内に成すべきことは、常に山積状態となります。取引先として今後中長期的な信頼関係を築くべき、複数の相手先との綿密なコミュニケーションや、内部体制の構築など、限られた時間をいかに有効活用して対応するかということが「鍵」となります。そして初めて起業される方々に共通して見られるのが、全て自身で抱えて直接対処しようとしてしまう、すなわち「虻蜂取らず」の状況に陥ってしまう傾向です。これでは各々の作業を、短時間で完璧に捌いて行くことはできません。

税理士ここで大切なのが、より確実かつ効率良くもろもろを捌く立ち回りです。起業家すなわち代表者として、自身が直接対応すべき作業は自らが行い、一方会社設立代行のように、第三者に委ねても直接的なマイナスが懸念されない作業に関しては、然るべき専門家への一任がおすすめです。

こうした起業家の方々の事情とニーズに応えるべく、今日全国各地の税理士事務所が、積極的に会社設立代行サービスを実施しています。豊富な経験を持つ税理士であれば、先述のような記入漏れや書類不備などのケアレスミスの不安もなく、安心して他の優先すべき準備に専念できるメリットがあります。各分野の第一線で急成長中の大木の企業が、このスタイルでの船出を選択して実践されています。