税理士に依頼する利点

会社設立代行業務で豊富な経験を持つ税理士への依頼は、単純に手続きに際しての負担軽減だけでなく、その後の自社の経営に際しても、数多くのメリットが期待できます。まずは企業経営とは切り離せぬ税に関するスペシャリストである税理士と、起業段階から知り合えるメリットを見過ごしてはなりません。

税理士起業計画段階からコミュニケーションを重ねれば、おのずと相互信頼関係の構築に繋がるだけでなく、みなさんの会社をより早い段階から正確に理解する税理士との二人三脚がかないます。会社設立をワンポイント・リリーフ的な「点」で捉えるのではなく、これを機会に中長期的にサポートをお願いできる、専門家との出会い、すなわち「線」として捉える姿勢も大切です

また税理士は弁護士や司法書士など、他の専門資格を有する方々との、独自のネットワークを有しています。今後経営上こうした方々のサポートが必要となった際に紹介をお願いできる環境は大切です。また多くの税理士は公認会計士資格を併せ持っています。自社の税金関連のアドバイスだけでなく、会計監査も同じ人物に依頼できれば、費用面軽減のメリットに繋がります。会社設立段階での税理士とのコンタクトは、自社が動き出した後にも、さまざまな場面で心強い展開が期待できます。

複雑な手続きの負担

起業に際し、当事者として限られた時間内に成すべきことは、常に山積状態となります。取引先として今後中長期的な信頼関係を築くべき、複数の相手先との綿密なコミュニケーションや、内部体制の構築など、限られた時間をいかに有効活用して対応するかということが「鍵」となります。そして初めて起業される方々に共通して見られるのが、全て自身で抱えて直接対処しようとしてしまう、すなわち「虻蜂取らず」の状況に陥ってしまう傾向です。これでは各々の作業を、短時間で完璧に捌いて行くことはできません。

税理士ここで大切なのが、より確実かつ効率良くもろもろを捌く立ち回りです。起業家すなわち代表者として、自身が直接対応すべき作業は自らが行い、一方会社設立代行のように、第三者に委ねても直接的なマイナスが懸念されない作業に関しては、然るべき専門家への一任がおすすめです。

こうした起業家の方々の事情とニーズに応えるべく、今日全国各地の税理士事務所が、積極的に会社設立代行サービスを実施しています。豊富な経験を持つ税理士であれば、先述のような記入漏れや書類不備などのケアレスミスの不安もなく、安心して他の優先すべき準備に専念できるメリットがあります。各分野の第一線で急成長中の大木の企業が、このスタイルでの船出を選択して実践されています。

会社設立代行を依頼するなら

新たに株式会社を立ち上げるに際しては、定められた書類の作成や手続きなど、時に複雑な作業が求められます。しかし、準備すべき資本金額や取締役の人数などのハードルは、一昔前と比較した場合、随分下げられており、各分野で起業を志す方々にとっては、非常に有利な環境となっています。コンピューターとインターネットの普及によるところが大きいと推察される、こうした傾向が、さまざまな新事業の登場を誘い、独自のユニークな経営で急成長を見せる企業が、増加を続けています

会社このようにトータルして見れば、起業家にとって追い風の環境と言えますが、それでも法で定められた手順を踏んだ手続きには、相当な時間と労力を費やさざるを得ないのが現状です。新たに立ち上げる会社の中核となる人物が、こうした事務的な準備対応ばかりに追われてしまうと、他に力を注ぐべき、重要な準備作業がおろそかとなってしまうリスクが否めません。必ずしも自身が直接対応しなければならないルールは定められていませんので、やはり豊富な専門知識と経験を持っていて、信頼できる第三者に、会社設立手続きを委ねてしまうことも選択肢に含めておくべきだといえるでしょう

ここでは複雑難解な作業を含む、会社設立手続きを委ねる相手として、税理士という存在にスポットをあてて紹介します。今日さまざまな組織や人物が、会社設立代行サービスを謳っていますが、そうした中でなぜ敢えて税理士なのか、そして税理士を選ぶメリットとは何なのかなど、より早い段階で正しく理解しておくべき内容をお伝えします。